· 

行徳地域 各神社の年末年始情報

今年もあと2週間ほどとなりました。

各自治会の掲示板には、神社の年末年始情報が貼り出され始めています。

※写真をクリックすると拡大して見ることができます。

香取神社(香取)

押切稲荷神社(押切)


胡録神社(湊新田)

豊受神社(伊勢宿)

神明(豊受)神社(本行徳一丁目)


八幡神社(本行徳三丁目)

神明神社(本行徳四丁目)

豊受神社(本塩)


春日神社(下妙典)

稲荷神社(下新宿)

熊野神社(新井)


相之川の日枝神社は、公式サイトに情報が掲載されています。

大みそか明けの0時~1時、三が日は9時~15時までお守りなどの頒布のためのお札場が開くとのこと。

祈祷の申し込みについての案内も出ておりますので、詳しくは公式サイトでご確認ください。

 

※番外編

徳願寺



各神社では、新年を迎えるための準備も進められています。

12月19日(日)、妙典の2つの神社に行ってきました。

 

まず最初は上妙典の八幡神社。

気温3℃という凍てつくような寒さの中、朝早くから神社の大掃除が行われていました。

八幡神社では、毎年大晦日の日は23時頃から参拝者が並び始め、お参り後はそのまま隣接する妙好寺に行き、セットで参拝する人が多いとか。

初詣は3日までです。

 

続いて下妙典の春日神社

こちらは、今年絵馬が初登場。

頒布価格:300円
頒布価格:300円

絵馬に願をかけるという風習を、子どもたちに伝えたいということで、採算度外視で始めるのだとか。

 

ちなみに、こちらの表面には「奉納」と明記するのが正しい書き方だそう。

また、裏面に願いごとを書いたら、それが外側に見えるように掛けるのが正しい掛け方だそうですよ。

 

 

絵馬掛所も現在製作中。

土台と屋根はこれからだそうです。

 

現在見本として掛けられているのは、破魔矢についていた絵馬。

今年の干支(丑)のものです。

毎年この神社で破魔矢を買い替えている方は、旧年となる今年の丑の絵馬に願い事を書いて掛けてもよいそうです。

(2021/12/30追記)

土台と屋根ができていました。


頒布価格:1000円
頒布価格:1000円

その破魔矢の来年(寅)のバージョンはこちら。

 

頒布価格:300円
頒布価格:300円

お正月の御朱印も頒布されるそうですよ。

祭礼や神社めぐり、正月などの特別のときのみの頒布になりますので、欲しい方はこの機会をお見逃しなく。


先月行われた「行徳神社めぐり」で、地元の神社をあらためて知ったという方も多いようです。

今年の年末年始は有名どころの神社の混雑を避け、地元の神社をゆっくり参拝してみるのもよいのでは?

 

 

※ここに掲載しているのは、行徳地域の一部の神社の情報です。

 情報をお寄せいただきましたら、追記させていただきます。